会社概要

経営理念

  1. 私達は、地場産業・小豆島手延素麺の産地であることを誇りに思い、伝統四百年の歴史に恥じない生産メーカーとして社会に貢献することを第一とする。
  2. 私達は、食品メーカーとして(安全・良質・美味)を三本柱の課題として、研究・努力を惜しまぬ事をモットーとする。
  3. 私達は、たえず消費者動向を注視して、できるかぎりの情報を集め分析することにより消費者及び販売店のニーズを的確にとらえながら努力し、豊かな食生活を提供できる模範的企業を目指す。

ページトップに戻る

会社情報

商号 株式会社 生駒屋
代表者 森 利久
設立 平成3年2月 (創業:昭和62年)
資本金 1000万円
社員数 10名 臨時社員 10名
本社 香川県小豆郡土庄町渕崎甲2132−8番地
TEL:(0879)62−4943 FAX:(0879)62−5250
高松店
四国ショップ88
香川県高松市サンポート2−1マリタイムプラザ高松1F
TEL:(087)822−0459 FAX:(087)822−0460
URL:http://shikokushop88.com/
マリタイムプラザ高松ホームページ
URL:http://www.maripla.jp/staticpages/index.php/shikokushop88

ページトップに戻る

生駒屋の歩み

昭和62年2月
地場産業(小豆島手延べ素麺・さぬき手延べうどん等)の販売「生駒屋」として創業
平成2年
四国地方(地元香川を中心に徳島・愛媛・高知)での展開を拡大。
主な販売先としてギフト専門店を中心に信用をつくる。
今までの個人による製造を取りやめ、小豆島手延素麺協同組合の「島の光黒帯特級品」の販売を主におく。
平成3年2月7日
株式会社 生駒屋として法人成立。
香川県小豆郡土庄町渕崎甲2132−8(現住所)に本社を置く。
同年
小豆島手延素麺協同組合との信頼関係によりブランド商標「島の光黒帯特級品」をメインとして販売。
中国地方・近畿地方・関東地方に販路を拡大していく。
平成5年
業務拡大に伴い、香川県小豆郡土庄町渕崎甲2172−4番地に建坪約100坪の商品の保管管理倉庫及び製品化する為の作業所を増設。
同年
現在当社のオリジナル商品「生駒屋特選小豆島手延素麺」・「生駒屋特選小豆島手延オリーブ素麺」を共に主力として販売に力を入れる。
地元香川をはじめ、首都圏・関西圏での問屋を中心に人気を得、売上げを大幅にUP。
平成9年10月
現在主力商品である乾麺さぬきうどんの販売開始。
平成16年3月
小豆島より全国に向けて特産品であり、平和の象徴であるオリーブを使った素麺の発信に力を入れる。
素麺をより多くの人に、さまざまな形で召しあがっていただくため、 高松サンポートシンボルタワー・マリタイムプラザ内にて麺と地元の食材を主とした「創作和食ダイニング生駒屋」をオープンさせる。
平成18年12月
伝統技術にオリーブとアイデアを詰め込んだ全く新しい素麺「オリーブの郷」の開発に着手。
平成19年11月9日
登録第5089481号「オリーブの郷」商標取得。
オリーブの郷商標
平成21年1月
東京・日本橋に営業所を開設。
同年3月
自社ホームページ開設及びインターネットでの直販をスタート。
同年6月
事業方針の転換により「創作和食ダイニング生駒屋」を閉店。
平成22年1月
首都圏での販路拡大により、東京営業所を日本橋から墨田区曳舟に移転。
同年12月
高松サンポートシンボルタワー1F・マリタイムプラザ高松内に、自社の麺と四国の物産を取り扱うコンセプトショップ「四国ショップ88」をオープン。
平成25年6月
自社ホームページでの直販を中止し、四国ショップ88のECサイトにて通販の一本化を図る。

今後について
事業計画に沿い、常に新しいもの・ことにチャレンジしながら更なる喜びと感動をお客様に届けるべく日々努力してまいります。

ページトップに戻る

アクセスマップ

ページトップに戻る