小豆島素麺あれこれ

小豆島ってこんなところ

「小豆島(しょうどしま)」は、瀬戸内海のちょうど真ん中あたりに浮かぶ人口約32,000人の香川県に属する島。 瀬戸内海では、淡路島に次ぐ大きな島なのです。
寒霞渓や二十四の瞳、小豆島八十八ヶ所霊場などの観光名所を有し、小豆島素麺・醤油・佃煮などの産地として栄えてきました。
また2008年にはオリーブ植樹100周年を迎え、その歴史とともに「オリーブの島 小豆島」の愛称は全国区になったものと思われます。
近年、健康志向・環境意識の高まりや、ゆとり・やすらぎを求めるなどの価値観の多様化が進み、とりわけ自然がいっぱいの小豆島は注目され続けています。
四国の玄関「高松」や岡山・阪神方面と船を使ってのアクセス性も良く、気軽に立ち寄れる癒しの世界。海が近く、自然が美しい。そして何より温かい島民性。
そんな素敵な環境の中、地場産業の一角として生駒屋は産声をあげたのでした。

ページトップに戻る

小豆島手延素麺の歴史

讃岐(香川県)の「麺」といえば「うどん」を真っ先に思い浮かべる方が多いかと思いますが、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の「手延素麺」は、 兵庫県たつの市(揖保乃糸)、奈良県桜井市三輪地区(三輪素麺)と並ぶ 日本3大そうめん産地の一つとして位置づけられています。

小豆島に素麺の製法が伝わったのは、今から約400年前の江戸時代初めと言われています。お伊勢参りに行った小豆島の住人が、旅の途中に奈良県の三輪で手延素麺づくりを見聞。その技法を持ち帰り島に広めたのが始まりだとされています。
小豆島では10月初めから3月にかけて、 細く延ばした素麺を陽にあてて乾燥させる 様子がよく見られます。
真っ白い素麺のカーテンが風にそよぐ様は、 小豆島の風物詩にもなっています。

ページトップに戻る

小豆島手延素麺の特徴

現在約200軒ほどあるとされている小豆島の素麺製造所。
少子高齢化の波におされ、後継者不足が叫ばれている昨今ですので 以前はもっと多かったことでしょう。
では、なぜ小豆島がこれほどの素麺の産地として有名になったのでしょうか。

それは、素麺づくりに適した気候風土と良質の原料がかつては地元で調達できていたという環境が背景にあります。
小豆島の手延素麺は、小麦と塩と胡麻油から作られています。
温暖で雨が少なく日照時間が長い瀬戸内の気候は、小麦や胡麻・そしてオリーブの栽培に適した気候なのです。
また昔から塩田が多く瀬戸内の海からは良質の天然塩が取れました。
その上、冬場は雪も少なく空気が乾燥しており、島特有の潮風もあって、 延ばした素麺を乾燥させるのに好都合な所なのです 。

ページトップに戻る

手延素麺はなぜ旨いのか

素麺の食感の良さは、麺のコシと弾力性です。
これは、小麦粉に含まれているグルテンの働きによるものです。
手延素麺は、小麦粉に食塩水を加え、十分時間をかけて丁寧にこねます。
少し延ばしては熟成させる工程を数回繰り返すことにより、より密なグリテン繊維が生じ、弾力性に富んだシコシコした食感の美味しい麺が出来ます。
細い麺の中に生きるコシ。
他の麺類に比べても茹でてからのびるまでの時間が長く美味しくいただけます。
これこそがまさに手延素麺の真髄であり、手延ならではの特徴といえるのです。
そして胡麻油を使うことによって油の酸化速度を遅め、品質の安定化にも繋がっているのです。 なによりも職人さんが心を込めて、真冬の極寒期に早朝から手間と時間をかけて作られる「手延素麺」、美味しい訳です。

ページトップに戻る

保存のコツ

乾麺はその特製上、梅雨から夏場の高温多湿の時季になるとカビが発生することがあります。 梅雨を迎える前に陰干しすると、カビや虫の発生が抑えられ、品質が保てます。 保存場所は、直射日光を避け風が通る乾燥した場所が最適です。
長期間保存する場合は、ビニル袋などに入れ密封すると長く持ちます。
やはり食品ですので、お早めにお召しあがりいただくことをお勧めいたします。

ページトップに戻る